カテゴリー「不動産」の記事

2010年2月 3日 (水)

SOHOマンションとは・・・

「SOHOマンションって何?」

「マンションを事務所として使えるの?」

「なんでマンションで働く人が増えているの?」

「マンションと事務所ってどう違うの?」

まだ馴染みが薄いSOHOマンション・・・
結局どういうこと!?

そんな疑問にお答えします!



SOHOマンションの「SOHO」とは、「Small Office, Home Office」の略で、
一般には自宅で住みながら働ける小さいオフィス、またそこで働く人を指すことが多いです。

不動産会社は、一般的にSOHOとして使えるマンションを「住居兼事務所」という意味で使っています。
現在、起業家、ベンチャー企業、士業、web制作業の等の様々なご業種の方々が小さくて綺麗なオフィスとして
マンションを働き場所にする方が非常に増えています。
もちろん住居兼事務所としても利用している方も大勢いらっしゃいます。

小さい事務所を借りる場合、汚い雑居ビルが多いのですが、SOHOマンションだと、管理が行き届いており、
快適な住環境で働けるのが人気の理由のひとつです。


しかし、SOHOマンションは、完全に事務所として使用してよいというわけではありませんので、
物件によりいくつかの注意点があります。













注意点

ごくまれに住民票を移さないといけない場合がある。
マンションによっては、登記が不可の制限があること。
表札には、個人名と法人名を併記しなくてはいけない場合がある。
不特定多数の出入りのある業種は入居が難しい場合が多い。
通常のオフィスビルと違い電話回線は2回線までのところが多い。
契約上の使用用途はあくまで「住居」となる物件がほとんどです。

※上記規約に違反した場合、後々になってから解約になってしまうリスクもゼロではありません。

また、物件により上記注意点を解決できる場合もございます。弊社オフィスコンサルタントへご遠慮なくご相談くださいませ。


SOHOマンションの他に、「事務所可マンション」というものもあります。

この場合、SOHOマンションと比べて、「住居兼」という制約がなく、完全に事務所として使えるマンションです。
事務所可マンションは、事務所として契約をしますので、家賃に消費税が課税されますが、
その分法人登記が可能、表札もきちんと出せるなど、住居契約のように使用方法に制限が少ない物件が多いです。



いかがでしょう?

少し、SOHOマンションについて分かっていただけましたか??

その他ご質問等あれば、
是非ご相談下さい!




株式会社アーデント
TEL:03-5468-6097



| | コメント (0) | トラックバック (0)